空の青と本当の気持ち。


スローライフ in Nakano
by nanigahosiinoyo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
最新のトラックバック
Olympus digi..
from Camera canon d..
Kodak digita..
from Digital ebooks.
吉井和哉/LOVE & ..
from 動画検索.com
Cocco(こっこ)大好き
from Cocco(こっこ)大好き
ステップワゴン厳選サイト一覧
from ステップワゴンファンクラブ
Gibson Flyin..
from uha2.net
吉井和哉
from 旬な男性芸能人
(-ω-;)ウーン 微妙w
from みかりん館♪
菊地凛子さんの助演女優賞..
from 結婚相談所の上手な歩き方【結..
残念!菊地凛子さんアカデ..
from 速報!芸能ニュース&うわさ話..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

『空の青と本当の気持ち』

いやー、ここ数日、見事にはまってますな、ブログに。
自分で書きながら本当に痛感するんだが、文章力なさすぎやあたし。
でもここはあたしのブログだ。書かないより書いたほうがすっきりする。
書きたくないときは書かないし。実際こないだは1週間書かなかったし。
要するに自己満。こんなもんだろ人間なんて!

で、このブログのタイトル『空の青と本当の気持ち』っていうのは
私の愛するバンド、The Yellow Monkeyの曲から頂いた。
彼らは本当に残念ながら解散してしまった。しかもありえない形で!
少なくとも私にとってはありえない幕切れであった。
やはり裏切られた感は大きい。
彼らの言葉を信じて、4年間、待っていたのだから。
でもこんなことになってしまっても、彼らの残した音楽は色褪せない。

この曲を聴くと、私はある瞬間を思い出す。
大学1年の秋、鈴鹿に初めて、ひとりで、F1観戦に行ったときのこと。
行きは昼出発の中央ライナーに乗って名古屋に行った。
その時、バスの車内から見た空と、山と、そして私だ。

空は青かった。快晴だった。どこまでも澄み渡っていた。
山の木々はほんのり色づいていて、とても美しかった。
そして私。生観戦に対する期待と、遂に夢をかなえたという達成感。
鈴鹿に行くのは、私の中学からの夢だった。
それを私は、一人で、かなえたのだ。
バイトをしてお金を貯めて、チケットをネットで購入して、
人目を気にせず、自分の気の赴くままに行動した結果だった。
今ならこんなことはきっと特別なこととは思わないだろう。
でもその時私はまだ19歳。
東京に出てきて半年もたたない、コドモだったのだ。
そんなコドモな私は、これが初めての一人旅だった。
建前では、友人たちに「一緒に行ってくれる人がいなくて寂しいけどね~」と言った気がする。
しかし私は、本気で、一人で鈴鹿に行きたかったのだ。
「私はやってやったぞ!」そんな清清しい思いが体中を駆け巡っていた。
それを祝ってくれるような空に、山々。
今まで生きてきた中で3本の指に間違いなく入る位の、開放感を味わえた。

『空の青と本当の気持ち』-あの時味わった気分を、ここでもう一度。
稚拙な文章も気にせず、私は、叫ぶ。
[PR]

by nanigahosiinoyo | 2004-10-02 00:53 | music
<< faubious!! Where has it gone? >>